>>目次

2007年05月17日

過払い金返還訴訟

過払い金返還訴訟とは?

消費者金融、サラ金での高金利。
利息制限法で計算しなおすと金利を払いすぎている場合が出てくるッス( ̄□ ̄;)!!
もし返済が全て終わって完済しているのならこの払いすぎた利息は返してもらうことができるのだ!!
まだ完済いていない状態でも、払いすぎた金利を元金に充当することによって、債務はなくなってしまう可能性も出てくるッス!

司法書士や弁護士に委任して債務整理を行うと、この過払い金返還請求は代行してくれるッス
オイラの場合も司法書士に委任して任意整理という形で債務を整理しましたので、過払い返還請求も代行してもらいました。

こりゃいいかも この過払い返還請求は専門家に依頼しなくても自分自身で行う事ももちろん出来ます!!
特定調停で債務整理をし、もし過払い金が発生した場合には、
過払い金返還訴訟を起こさなければなりませんし、すでに過去に完済している場合などの場合もこの過払い返還訴訟を起こすことが出来ます!!

オイラ自身はこの訴訟を起こしたことはありませんのでとても難しく考えていました。
専門家による任意整理でも「もし過払い金が発生しても全額返還してもらえるかどうかは交渉次第。」という事が多かったようです・・・
それを専門家でもない自分自身で全てやらなければならないとなると厄介と感じる人も多いのではないでしょうか?

全部自分でやる!過払い金返還訴訟

??( ̄[] ̄;)!ホエー!!
というブログを読んだッス!!
このブログの管理人さんは、実際に8社の貸金業者から過払い金を勝ち取っただけでなく、遅延損害利息(貸金業者から取れる利息)5%、訴訟費用までも勝ち取っているッス
訴訟での手順、訴状の書き方、下準備から公判でのポイントまで、事細かに書かれていてとても参考になるッス!!

実際には過払い金返還訴訟(正しくは不当利得返還訴訟)では債務者が勝てる裁判のようです。
ポイントになるのはどの段階で和解するか?という事になるようです。

( ̄ω ̄;)エートォ...
債務整理をした当時、借金野郎は勉強不足だったなぁと改めて思います。
すべて司法書士任せにしてしまった自身の借金整理。
借金を作った自分自身でカタをつけるべきだったなと考えさせられるブログでした。

過払いCHECK!!
↓↓利息制限法への引きなおし計算ツールはコチラ(もちろん無料!)↓↓
債務調査票
利息引き直し計算用シート
外山司法書士利息計算シート
名古屋消費者信用問題研究会利息計算ソフト

↓↓↓↓過払い返還請求のブログを紹介します↓↓↓↓
過払い金、返還請求 やれば自分で出来る! 
取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
全部自分でやる!過払い金返還訴訟
合計8社から過払い金を勝ち取った逆襲の債務者!
過払い請求Wiki
posted by 借金野郎 at 12:08 | Comment(0) | TrackBack(1) | 過払い金返還請求について

このエントリーを含むはてなブックマーク ブックマークに追加する 応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

2007年06月02日

消費貸借って何!?

昨日の日記のコメントを紹介するッス
私もココ山岡の支払いありました(>_<)
商品を購入しても過払い請求って出来るのですか?
私も古い取引見直ししています。アドバイスお願いしますm(__)m

Posted by りえ at 2007年06月01日 23:04

借金野郎さんありがとうございます。
ココ山岡の裁判も知っていましたが、私がまだ若かった事や内緒のクレジットだったので…永遠と払いました。
そのほかにも、エステの美顔器とか…なんか、ちょっと境遇が似ている事件がありました(>_<)
お金を借りた以外にも、利息制限法は使えるのですか?
ココ山岡はたしか、金利27以上でした。私も12年に完済でした。

請求できるのですか?

Posted by りえ at 2007年06月02日 22:42


( ̄ω ̄;)エートォ...
りえさんが気にしているのは、キャッシングによる借金じゃなくて、
ショッピングでのローンで過払い金請求できるのか?と言う事だと思うんですが・・・

どうしよう 利息制限法では、金銭を目的とする消費貸借契約の利息・・・とあります。
問題なのはショッピングでのローンが、金銭を目的とする消費貸借契約かどうか?という事ッスよね!?

消費貸借契約というのは、民法587条〜592条によるとッスね・・・
金銭やお米・油などの代替物、消費物を貸し、借主がこれと種類、品質、数量の同じものを返す…という契約ッス
ようはお金を借りたら、お金で返せ、お米借りて食べて消費しちゃったら、同じ種類、品質、数量のお米で返せという事ッス

ココ山岡とはダイヤモンドの売買契約。
で、その支払いをクレジット会社と消費貸借契約をして借り入れたお金で済ませた、という事ッス
ですからショッピングによるローンでも利息制限法以上の金利であれば過払い金返還請求はできるッス!

( ̄□ ̄;)!!
そ、それにしても金利27.0%以上ッスかぁ…
オイラも早く取引履歴取り寄せて金利確認しなきゃ…
月曜日にならないとクオークと連絡とれないッスよぉ…

追記:この記事の情報は間違っています!
りえさんゴメンなさいっ!
詳しくは
■5年以上経過した取引履歴開示請求!B
http://changemyworld.seesaa.net/article/43836955.html

↓↓↓↓オイラも読んでる過払いブログ↓↓↓↓
■取り返せ!過払い金、不当利得金返還請求
http://kabarai.blog.shinobi.jp/
■過払い請求Wiki
http://wiki.livedoor.jp/kabaraiseikyu/d/FrontPage

↓↓↓↓借金野郎はランキングに参加しています↓↓↓↓
にほんブログ村 スロットブログへ応援クリックよろしくお願いします!  応援クリックありがとう!にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
posted by 借金野郎 at 00:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | 過払い金返還請求について

このエントリーを含むはてなブックマーク ブックマークに追加する 応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

2007年06月03日

5年以上経過した取引履歴開示請求!

先日潟Nオークに古い取引(H9〜H12?)の取引履歴開示請求を求めたッス!
し、しかしっ!?
あっさりと「5年以上経過した記録はもう残っておりませんので…。」
というお返事をいただきますた…
( ̄へ ̄|||) ウーム 本当か!?
どうも怪しい…納得いか〜ん!!
と言う訳で明日リベンジをかます為、色々と下調べをしてみたッス!

こりゃいいかも まずオイラ借金野郎が貸金業者に対して取引履歴の開示請求が出来る権利と、貸金業者が開示する義務を負っているかという事ッスが…
( ̄ω ̄;)エートォ...
個人情報保護法25条
個人情報取扱事業者は,本人から,当該本人が識別される保有個人データの開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なく,当該保有個人データを開示しなければならない。
と定めているッス
個人情報保護法25条1項1号乃至3号のいずれかの不開示事由に該当しないかぎり開示するべきなのだっ!
金融庁のガイドライン
3−2−3 取引関係の正常化
貸金業者の監督に当っては、資金需要者等の利益の保護を図る観点から、次に掲げる事項に留意するものとする。
(1)債務者、保証人その他の債務の弁済を行おうとする者から、
帳簿の記載事項のうち、当該弁済に係る債務の内容について
開示を求められたときに協力すること。
平成17年8月12日事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)の一部改正について
1. 改正の趣旨
貸金業者に取引履歴の開示義務があり、正当な理由に基づく開示請求を拒否した場合には行政処分の対象となり得ることを明確化するとともに、併せて、弁護士等の代理人を通ずる場合を含め、取引履歴の開示が求められた際の本人確認の手続について明確化するもの。
これは法律ではなくて行政指導ッスが…開示請求拒否は行政処分の対象にっ!?

どうしよう し、しかしオイラの場合は取引終了から5年以上経っているッス
潟Nオークの言う通り、記録が廃棄されている可能性がっ!?
貸金業の規制等に関する法律
執行規則第17条 取引履歴等の帳簿は最終の返済期日や完済した日から少なくとも3年間保存しなければならない
第19条 貸金業者は、内閣府令で定めるところにより、その営業所又は事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、債務者ごとに貸付けの契約について契約年月日、貸付けの金額、受領金額その他内閣府令で定める事項を記載し、これを保存しなければならない。
3年かよぉ…旧商法第36条、商法19条3項
商人は、10年間,その商業帳簿及び営業に関する重要書類を保存
しなくてはならない。
よっしゃぁっ!!
貸金業規正法で3年としていても商法で10年としていれば間違いないっ!
こ、これで開示請求してやるぜっ!!
これで開示しない時は
民事訴訟法224条
1項 当事者が文書提出命令に従わないときは、裁判所は、当該文書の記載に関する相手方の主張を真実と認めることができる。
2項 当事者が相手方の使用を妨げる目的で提出の義務がある文書を滅失させ、その他これを使用することができないようにしたときも、前項と同様とする。
3項 前2項に規定する場合において、相手方が、当該文書の記載に関して具体的な主張をすること及び当該文書により証明すべき事実を他の証拠により証明することが著しく困難であるときは、裁判所は、その事実に関する相手方の主張を真実と認めることができる。
これを出せば裁判やっても勝てるッス!!
平成17年07月19日最高裁判所第三小法廷 過払金等請求事件 判例
貸金業者の債務者に対する取引履歴開示義務の有無
貸金業者は,債務者から取引履歴の開示を求められた場合には,その開示要求が濫用にわたると認められるなど特段の事情のない限り,貸金業の規制等に関する法律の適用を受ける金銭消費貸借契約の付随義務として,信義則上,その業務に関する帳簿に基づいて取引履歴を開示すべき義務を負う。
キタ――――――( ̄□ ̄;)――――――ッ!!
こ、これで完璧ッス
明日潟Nオークにリベンジしてやるッス!

これを調べるにあたって
■逆襲のルパンさんのブログ
http://kabarai13.com/archives/cat_50149223.html
がとっても参考になりました。ありがとうございます。

過払い金の時効は10年ッス
し、しかし過払いWikiにこんなコメントがあったッス!(* ̄□ ̄*;
■完済から10年以上経った過払金の返還に成功
みんな負けるなよっ!!

↓↓↓↓借金野郎はランキングに参加しています↓↓↓↓
にほんブログ村 スロットブログへ応援クリックよろしくお願いします!  応援クリックありがとう!にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
posted by 借金野郎 at 11:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | 過払い金返還請求について

このエントリーを含むはてなブックマーク ブックマークに追加する 応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
目次TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。