>>目次

2007年04月30日

オイラは自分自身の経営者 月次予算

みなさんは家計簿をつけていますか?
借金野郎は債務整理をした時に、司法書士から家計簿をつけるように言われました。
それからしばらくはつけていたのですが、飽きっぽい借金野郎は数ヶ月でやめてしまいました。
しかし、家計簿をつけるのをやめた途端、金銭感覚がおかしくなり、またパチスロなどで浪費を重ねるようになってしまいました。
同じ過ちを繰り返し始めたのです。
借金野郎は再び家計簿をつけ始めました。
家計簿をつけたからといって収入が増えるわけでもありません。
月々かかる費用が減るわけでもないかもしれません。


 でも考えてみてください。家計簿とは月々の収入と支出の記録ですが、ここからいろんな事が分ります。
どうしてお金が残らないか?
自分では何となく把握しているようでも、家計簿によってきちんと数字で表されたものを見た時では感じ方も変わってきます。
以外に食費にかかっていたり、無駄使いが多かったり。

 借金野郎は借家に住んでいます。家賃は55,000円です。
この数字だけだとそんなに負担にならないように思いますが、
光熱費などを加えていけば以外に大きな負担になっている事が分ります。

 まずきちんと家計簿をつけ、お金を管理してみましょう。
色々な家計の改善点が見つかると思います。

無料オンライン家計簿 @家計簿
このサイトは借金野郎も利用しています。もちろん無料です。

さて、あなたは自分自身が生活する上でいくら必要か把握していますか?
借金野郎は自分がひと月生活するのに一体いくらお金があればいいのだろう?と思い予算を組んでみました。
そうすると驚く金額が出てきたのです。>>Ranking
続きを読む
タグ:お金
posted by 借金野郎 at 16:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金との上手な付き合い方

このエントリーを含むはてなブックマーク ブックマークに追加する 応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

2007年05月01日

5月1日現在 バランスシート

あなたは家計の経営者

自分が稼いでくる収入を、出来るだけ効率的に使って余剰を出し、
それを蓄えて、家・マンションや土地、
自動車などの資産を購入し、
収入とそれらの資産全てを合わせて、
将来の生活のための資金とする。
だから家計も会社と同じように経営が必要なのです。
したがって家計にも企業会計と同じように単なる家計簿だけでなく、貸借対照表(バランスシート)と損益計算書を導入したいと思います。

家計簿は毎日つけるとして、毎月1日にバランスシート、損益計算書(これは6月から)を作成したいと思います。

毎月、月次予算にあわせ生活し、毎日家計簿で収入、費用を記録。
それを一ヶ月間の損益計算書に写します。
しかしそれだけでは家計を完全に把握できません。
そこでバランスシート(B/S)が必要になってきます。
現在の資産がどれくらいあるのか?
負債はどれくらいあるのか?
純資産はそれくらい残るのか?
バランスシートを見れば一目瞭然です。>>Ranking
続きを読む
posted by 借金野郎 at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金との上手な付き合い方

このエントリーを含むはてなブックマーク ブックマークに追加する 応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ

2007年05月13日

正しい利息の認識

お金を借りると当然かかってくるもの「金利」。
消費者金融でよく見かける金利に29.20%という数字があるッス
高金利だというのは何となく分かる。
でもパッと見ただけでいくら利息を払えばいいのか?という事は、分かりにくい。
消費者金融といえば簡単、手軽に借りることができて、基本的に保証ぶた貯金箱 人も担保も要らないッス
それなら高金利も仕方がないかなぁと何となく受け入れてしまう29.20%

利息の計算式は、
借り入れ金×金利÷365日×借り入れ日数ッス
消費者金融のサイトに必ずある金利の説明ページ。
そこには返済例が書かれているッス
例)1万円を一ヶ月借りた場合。
10,000円×29.20%÷365日×30日=240円
たったの240円!?( ̄□ ̄;)!!安っ!!
と、思ってしまうのはオイラだけ!?
確かにこの例だとそんなに高い金利のようには見えないッス!

例2)10万円を一ヶ月借りた場合。
100,000円×29.20%÷365日×30日=2400円
( ̄ω ̄;)エートォ...やっぱりそんなに高くないんじゃ!?

そう、こんな風に見ると割安感というか安心感というか、
「高金利の怖さ」は、まるでない返済例。

例3)50万円を一ヶ月借りた場合。
500,000円×29.20%÷365日×30日=12,000円

た、高いのか?や、安いのか!?

どうしよう はっ!!( ̄□||||!!
50万借りたら普通分割で返済するのが多いんじゃ!?
そう、分割によってこの高金利の本当の怖さが出てくる。

仮に月々25,000円づつの返済だとすると
最初の一ヶ月の利息は12,000円。
元金は13,000円減る。残りは487,000円
すると2ヶ月目は
487,000円×29.20%÷365日×30日=11,688円
利息11,688円で元金充当13,312円。
残った借金473,688円
25,000円を2回、既に5万円返済しているのに元金は26,312円、約半分しか減らないッス!( ̄▽ ̄;)!!ガーン こ、これは!?
コレが複利高金利の怖さッス!

最初のイメージとはだいぶ違ってきますね。
最初のご利用例だと50万円くらいだったら25,000円づつの返済で24回(2年)くらいかなって思ってしまいます。
がっ!!実はとんでもないという事が分かります。
高金利でのキャッシングがいかに怖いか!?
借りる前にもう一度よく考えてみてください。

↓↓↓↓家計管理!まずは家計簿から↓↓↓↓
無料オンライン家計簿 @家計簿
とても簡単で使いやすいオンライン家計簿
家計管理研究会
消費行動診断であなたの消費リスクをチェックできます
posted by 借金野郎 at 23:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | お金との上手な付き合い方

このエントリーを含むはてなブックマーク ブックマークに追加する 応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
目次TOP

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。