>>目次

2007年06月11日

過去の取引を確認する

取引履歴を取り寄せる
グレーゾーンの利息を返してもらえる事は分かりましたが、
実際にどれくらいの利息を払いすぎていたのでしょうか?
それを知るには契約時からの借り入れ、返済、全ての取引を把握し、利息制限法の金利で計算しなおさなければなりません。
でも全ての取引を記録している人は少ないでしょう。
ですからそれを知る為に、消費者金融から取引履歴を取り寄せなければなりません。
それを取引開示請求といいます。

こりゃいいかも でも消費者金融はそんな簡単に取引履歴を開示してくれるのでしょうか?
ビビる事はありませんっ!
彼らには履歴を開示する義務があるのですっ!!
その根拠となる法令は以下のとおりです!
貸金業の規制等に関する法律
執行規則第17条 取引履歴等の帳簿は最終の返済期日や完済した日から少なくとも3年間保存しなければならない
第19条 貸金業者は、内閣府令で定めるところにより、その営業所又は事務所ごとに、その業務に関する帳簿を備え、債務者ごとに貸付けの契約について契約年月日、貸付けの金額、受領金額その他内閣府令で定める事項を記載し、これを保存しなければならない。
個人情報保護法25条
個人情報取扱事業者は,本人から,当該本人が識別される保有個人データの開示を求められたときは,本人に対し,遅滞なく,当該保有個人データを開示しなければならない。
個人情報保護法25条1項1号乃至3号のいずれかの不開示事由に該当しないかぎり開示するべきなのだっ!
金融庁のガイドライン
3−2−3 取引関係の正常化
貸金業者の監督に当っては、資金需要者等の利益の保護を図る観点から、次に掲げる事項に留意するものとする。
(1)債務者、保証人その他の債務の弁済を行おうとする者から、
帳簿の記載事項のうち、当該弁済に係る債務の内容について
開示を求められたときに協力すること。
平成17年8月12日事務ガイドライン(第三分冊:金融会社関係)の一部改正について
1. 改正の趣旨
貸金業者に取引履歴の開示義務があり、正当な理由に基づく開示請求を拒否した場合には行政処分の対象となり得ることを明確化するとともに、併せて、弁護士等の代理人を通ずる場合を含め、取引履歴の開示が求められた際の本人確認の手続について明確化するもの。
これは法律ではなくて行政指導ッスが…開示請求拒否は行政処分の対象にっ!?

しかし中には往生際の悪い業者もあり、完済から3年以上経過すると、
「履歴は破棄した。」などと言ってすんなり出してくれないところもあります。
しかしっ!それはあってはならないことなのですっ!
上記の法令、ガイドライン以外にも下記の法令、判例(最高裁の判決)を参照してください!
旧商法第36条、商法19条3項
商人は、10年間,その商業帳簿及び営業に関する重要書類を保存
しなくてはならない。
民事訴訟法224条1項 当事者が文書提出命令に従わないときは、裁判所は、当該文書の記載に関する相手方の主張を真実と認めることができる。
2項 当事者が相手方の使用を妨げる目的で提出の義務がある文書を滅失させ、その他これを使用することができないようにしたときも、前項と同様とする。
3項 前2項に規定する場合において、相手方が、当該文書の記載に関して具体的な主張をすること及び当該文書により証明すべき事実を他の証拠により証明することが著しく困難であるときは、裁判所は、その事実に関する相手方の主張を真実と認めることができる。
平成17年07月19日最高裁判所第三小法廷 過払金等請求事件 判例
貸金業者の債務者に対する取引履歴開示義務の有無
貸金業者は,債務者から取引履歴の開示を求められた場合には,その開示要求が濫用にわたると認められるなど特段の事情のない限り,貸金業の規制等に関する法律の適用を受ける金銭消費貸借契約の付随義務として,信義則上,その業務に関する帳簿に基づいて取引履歴を開示すべき義務を負う。
■最高裁判例 平成17年7月19日 貸金業者の債務者に対する取引履歴開示義務の有無

このような法令や判例、ガイドラインがある為、消費者金融は取引履歴を開示しなければならないのです。
しかし過払い請求にも時効があります。
完済から10年経ったものは時効となります。

取引履歴を取り寄せたのなら利息制限法に計算しなおし、どれくらい利息を払いすぎていたのか確認してみましょう!

>>次のステップへ!
<<戻る
posted by 借金野郎 at 23:20 | Comment(0) | TrackBack(1) | 過払い金返還請求について

このエントリーを含むはてなブックマーク ブックマークに追加する 応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44557218

この記事へのトラックバック

貸金業者に取引履歴を開示する義務があるのか?
Excerpt: Q.貸金業者に取引履歴を開示する義務があるのか? A.貸金業者には,取引履歴の開示義務があるとするのが判例である。 1 取引履...
Weblog: 法律と法曹の取扱説明書
Tracked: 2008-09-14 11:27
目次TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。