>>目次

2007年06月08日

平成19年6月7日 最高裁判例

金利過払い分での借金返済、最高裁が充当認める 利息制限法の上限(年最高20%)を超える金利を支払わされた広島市内の男性が、信販会社に過払い金の返還を求めた訴訟の上告審判決が7日、最高裁第一小法廷(甲斐中辰夫裁判長)であった。同小法廷は「同じ貸主と借り主の間で継続的に貸し付けが繰り返されるカードローン契約がある場合、過払い金が発生した時期以降の借入金の返済は過払い分で充当できる」との初判断を示した。

 訴えられていたのは信販大手、オリエントコーポレーション。同小法廷はオリコに過払い金など約230万円の支払いを命じた二審・広島高裁判決を支持し、オリコ側の上告を退けた。オリコ敗訴が確定した。

 不当利得を支払わされた債務者の多くは、利息制限法の金利で計算すれば借入金が完済していることを知らず、新たな借金をしてその分の金利も支払っている例が多い。過払い分を新たな借入金と相殺できれば金利もゼロになることから返還金は増えることになり、債務者に有利に働きそうだ。(12:15) 日本経済新聞

■平成19年06月07日 損害賠償等請求事件・最高裁判所第一小法廷

いわゆるカードローンの基本契約が,同契約に基づく借入金債務につき利息制限法所定の制限を超える利息の弁済により過払金が発生した場合には他の借入金債務が存在しなければこれをその後に発生する新たな借入金債務に充当する旨の合意を含むものと解された事例

こりゃいいかも オイラが債務整理に踏み切ったり、過払い請求をするにあたって、判例や法令はとても参考になりました。
先人達のおかげで過払い請求に関する判例もここのところ増えています。

これから債務整理、過払い請求を決心する人の後押しが出来るように、判例、法令集を少しずつまとめていきたいと思うッス!

↓↓↓↓借金野郎はランキングに参加しています↓↓↓↓
にほんブログ村 スロットブログへ応援クリックよろしくお願いします!  応援クリックありがとう!にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
posted by 借金野郎 at 23:35 | Comment(2) | TrackBack(0) | 債務整理・過払い請求に関する判例、法令集

このエントリーを含むはてなブックマーク ブックマークに追加する 応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
この記事へのコメント
借金野郎さん☆いつもありがとうございます(>_<)
法テラスへは、予約時間に少し間に合わなくて→仕事が時間で終われる業種じゃないので…次の木曜日に相談に行きます。
そんな中での履歴開示でしたが…時間が掛かるとか、お金が必要だったり…
ちょっと相談したら、金融庁のガイドラインに開示にお金の請求の事過剰に請求しないみたいな事が、書いてあるとか、教えてもらいました。金融庁に相談したら良いでしょうか?
過払い請求も自分で、できるならしたいので…もし、アドバイス頂けたらぅれしいです。
法テラスの件、いろいろありがとうございます。
行ってきたら、また報告します。
Posted by りえ at 2007年06月09日 08:40
木曜日になったら報告待ってます!
それまでにオイラに分かる事を分かりやすくアップしておきます。参考にしてみてください。
Posted by 借金野郎 at 2007年06月11日 23:25
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
目次TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。