>>目次

2007年02月13日

利息過払い金返還訴訟、上乗せ金利5%・最高裁初判断

利息制限法の上限を超えて払い過ぎた金利(過払い金)の返還を求めて訴えられた貸金業者が、返還する際に上乗せする遅延損害金の利率が問題となった訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(那須弘平裁判長)は13日、「過払い金の返還請求権は営利性のある債権ではなく、商行為で生じたと解することはできない」として、民法で定める年利5%を適用すべきとの初判断を示した。

 損害賠償を命じる判決では、請求額に一定の金利で計算した遅延損害金の上乗せを認めるのが一般的だが、過払い金返還の場合に、民法(年5%)と商法(同6%)のいずれの利率を適用するかについて、高裁段階の判断は分かれていた。

 訴訟は、鳥取県米子市の金融業者から1993年と98年の2回にわたり、計400万円を年利40%で借りた同市内の男性が提訴。1、2審ともに過払い金の返還を命じたが、遅延損害金の年利は一審が5%、二審が6%としていた。 (14:03)

日経
posted by 借金野郎 at 00:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | ニュース、時事

このエントリーを含むはてなブックマーク ブックマークに追加する 応援クリックよろしくお願いします! にほんブログ村 その他生活ブログ 経済苦・借金苦へ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
目次TOP
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。